[Mac] phpでcurlが入って無かった

ちょっとお遊びでtwitter botでも作ろうかと思ってphpのOAuthライブラリのtwitteroauthを使おうと思ったら

PHP Fatal error: Call to undefined function curl_init() in /hogehogehogehoge/twitteroauth.php on line 199

って怒られた。

curlってwgetみたいなやつだっけ?
phpでそれ関係使ったこと無いので気付かなかったんだけど、phpでcurlを使えるようにしないとダメっぽい。
portでphp入れてたので以下でおkだった

$sudo port install php5-curl

Filed under: Internet,PHP,Programming — maesan 10:59 PM

[Python] MySQLdbでDictCursorとか知らんかったし

PythonでMySQLdbつかってデータを取得する時にこんな感じにやってた
DBはこのエントリーのやつとして

import MySQLdb

con = MySQLdb.connect(db="currency", host="127.0.0.1", port=3306, user='root', passwd='root')
sql = "select target, value, inverse, created from currencies order by created desc"
cur = con.cursor()
cur.execute(sql)
row = cur.fetchone()
print row

実行結果はこんな感じでタプルで返ってくる

(‘EUR’, 0.0089999999999999993, 111.111, datetime.datetime(2010, 12, 3, 22, 4))

この場合、為替レートととろうと思ったら row[2]とかしないといけないので全く直感的じゃないよね。
で、phpのmysql_fetcharray() したときみたいな辞書(ハッシュ)で扱いたいなぁと思ったのでこんなことやってみた。

fields = [field[0] for field in cur.description]
dict_row = dict(zip(fields, row))
print dict_row

こうすると望み通り辞書でデータが扱えるようになってうれしい

{‘inverse’: 111.111, ‘target’: ‘EUR’, ‘value’: 0.0089999999999999993, ‘created’: datetime.datetime(2010, 12, 3, 22, 4)}

って満足してたら実はDictCursorって便利なのがあったらしく

from MySQLdb.cursors import DictCursor

cur = con.cursor(DictCursor)
cur.execute(sql)
row = cur.fetchone()
print row

ってやったら上のと全く同じの取得できた><

{‘inverse’: 111.111, ‘target’: ‘EUR’, ‘value’: 0.0089999999999999993, ‘created’: datetime.datetime(2010, 12, 3, 22, 4)}

参考ページ

ジャンゴ バックエンドに依存しない DictCursor
pythonのmysqldbの使い方メモ

Filed under: Programming,Python — maesan 11:36 PM

[TextMate] Portで入れたPythonで動かない

PythonのコーディングにTextMateを使い始めたのですが、command+Rで実行させた時にどうもSnow Leopardのデフォルトで入ってるPythonで動いているみたいです。
Python2.5とかPython2.6とかを使い分けたいので、Portで入れたPythonを使って欲しいのですが、python_selectで設定しても全く関係無しでデフォルトのやつで動くみたい。

試しに以下のスクリプトを実行すると

import sys
import os

print sys.version
print os.environ['PATH']


ってなってた。
どうやらPATHが素の状態のままっぽいのでちょっと無理矢理感がありますがプロジェクトの設定でPATHに/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:/usr/bin:/bin:/usr/sbin って入れてみると


Portで入れたPythonが動作しました。

Filed under: Programming,Python — maesan 1:49 PM

PythonでKeyErrorを回避する

ハッシュ(Python的には辞書)で存在しないキーでアクセスするとKeyErrorが出ちゃう。
データは必要なのでキーの存在確認をして、存在しなかったらデフォルトの値とかを表示したい場合に

data = {}
if 'hoge' in data:
print data['hoge']
else:
print "default"

ってやればいいんだけど、getを使うと超かんたんにできちゃう

data = {}
print data.get('hoge', 'default')

で、他にもsetdefaultってのがあるらしく、表示だけじゃなくてデータをセットしたい場合に

data = {}
# getでやるならこんな感じなのを
data['hoge'] = data.get('hoge', 'default')
# setdefaultならこんな感じで書ける
data.setdefault('hoge2', 'default2')

何か気持ちイイw

Filed under: Programming,Python — maesan 10:19 PM

TextMateで__MyCompanyName__を自動で入れる

なんかちょっと調べたらXCodeで__MyCompanyName__に自動で入るようにしておいたらTextMateでも自動で入るような感じだったのですが、入らないので更に調べました。

どうやらProjectのVariableの「TM_ORGANIZATION_NAME」ってのに入れたらいけたっぽい。

TextMate使い始めたばっかりだけど、まだまだ慣れないから生産性上がらないぜ><

Filed under: Programming,覚え書き — maesan 10:02 PM

[cakePHP] PHP5.3にしたらDeprecatedが表示されまくったでござる

ちょっとMacBookのHDDの調子が悪くなってきたので一旦OSから再インストールして環境を再構築したのですが、PHP5.3にするとcakePHP1.2だとDeprecatedがでまくりでかなり鬱陶しい事になってしまいました。

php.iniを書き換えたり、cakePHPのソースを書き換えたりする方法は何となくイヤだったので、.htaccessで対応することにしました。

適当にcakePHPのルートの.htaccessに以下を追記すればおkでした

php_value error_reporting 22527

Filed under: cakePHP,PHP,Programming — maesan 12:26 PM

為替レートを取得するプログラム書いてみた

ちょっと自動で別通貨から日本円に変換する処理が必要になったのでなんとか自動で為替レートを取得できないかと試行錯誤してみた。

データソース

調べてみるとYahoo!ファイナンスやら証券会社のページをスクレイピングしてる人とか多いみたいですが、仕様が変わったりすると面倒だったり、何となく邪道な感じがしたので、為替レートをRSSで提供しているサイトを発見したのでそれをパースすることにしました。
使ったのはココ→http://xurrency.com/

方法

APIも用意されているみたいなのですが、アクセスキーを取得しないと1日10回までの制限があったり、商用利用じゃ無かったらお金はかからないっぽいのですが何となくAPIは使わずにRSSをパースすることにしました。
今回は日本円基準なのでhttp://xurrency.com/jpy/feedを使います。
最終的にはデータベースに格納することにしました。DBはこんな感じcakePHPとかで使えそうな構造にしました。

CREATE TABLE `currencies` (
`id` int(11) NOT NULL auto_increment,
`base` varchar(3) collate utf8_unicode_ci NOT NULL COMMENT '基準通貨',
`target` varchar(3) collate utf8_unicode_ci NOT NULL COMMENT '対象通貨',
`value` float NOT NULL COMMENT 'レート',
`inverse` float NOT NULL COMMENT 'レート逆数',
`created` datetime default NULL COMMENT '作成日時',
`modified` datetime default NULL COMMENT '更新日時',
PRIMARY KEY (`id`),
KEY `target` (`target`),
KEY `created` (`created`)
) ENGINE=InnoDB;

ソースコード

とりあえずサクっとPHPで作ってみた

<?php
// XML取得
$xml = file_get_contents('http://xurrency.com/jpy/feed');
// XML パーサー作ってパースする
$parser = xml_parser_create();
xml_parse_into_struct($parser, $xml, $values, $idx);
xml_parser_free($parser);

// とりあえずDB接続
$con = mysql_connect('localhost', 'root', 'root');
mysql_select_db('currency');
mysql_query('set names utf8');
// 挿入用のSQL
$sql_base = 'insert into currencies(base, target, value, inverse, created, modified)values("%s", "%s", %f, %f, "%s", now());';

$date = null;
foreach ($idx['DC:VALUE'] as $key => $val) {
if ($date == null) {
// RSSの構造によりdateが1個はじめにかぶるから1個ずらす
$date = date('Y-n-j H:i:s', strtotime($values[$idx['DC:DATE'][$key + 1]]['value']));
}
$data = array(
'value' => $values[$val]['value'],
'base' => $values[$idx['DC:BASECURRENCY'][$key]]['value'],
'target' => $values[$idx['DC:TARGETCURRENCY'][$key]]['value'],
'date' => $date,
);
$data['inverse'] = 1.0 / $data['value'];
$sql = sprintf($sql_base, $data['base'], $data['target'],
$data['value'], $data['inverse'],
$data['date']);
mysql_query($sql);
}
// おしまい
mysql_close($con);
?>

で見てもらうとわかると思うのですが、ちょっとXMLのパースの仕方が美しくない気がしません?何ていうか親子関係無視というかとりあえず上からパースしてタグ名でばらしてみましたみたいな?
なので最近お気に入りのPythonでも同じの書いてみた

#!/usr/bin/python
#coding -*- coding: utf-8 -*-

from xml.etree.ElementTree import ElementTree
from urllib import urlopen
import MySQLdb
import datetime

# ElementTreeを生成
xml = ElementTree(file=urlopen('http://xurrency.com/jpy/feed'))
# タグ名が"{ネームスペース}:タグ名"に展開されるのでネームスペースを書いとく
rss = 'http://purl.org/rss/1.0/'
dc = 'http://purl.org/dc/elements/1.1/'

# MySQL接続
con = MySQLdb.connect(db="currency", host="127.0.0.1", port=3306, user='root', passwd='root')
# 挿入用のSQL
base_sql = 'insert into currencies(base, target, value, inverse, created, modified)values("%(base)s", "%(target)s", %(value)f, %(inverse)f, "%(date)s", now());';

# itemタグ内に為替レートを持ってるので取得してループ回す
for items in xml.findall('.//{' + rss + '}item'):
currency = {}
for item in items.getiterator():
if item.tag == '{' + dc + '}value':
currency['value'] = float(item.text)
if item.tag == '{' + dc + '}baseCurrency':
currency['base'] = item.text
if item.tag == '{' + dc + '}targetCurrency':
currency['target'] = item.text
if item.tag == '{' + dc + '}date':
currency['date'] = datetime.datetime.strptime(item.text, "%a %b %d %H:%M:%S UTC %Y")
currency['inverse'] = 1.0 / currency['value']

sql = base_sql%{'base':currency['base'], 'target':currency['target'], 'value':currency['value'], 'inverse':currency['inverse'], 'date':currency['date']}
cur = con.cursor()
cur.execute(sql)

con.commit()

そこまでこだわるような物ではないのかもしれませんが、コッチの方が構造を解析している感じがして個人的には綺麗な気がします。

まとめ

頻繁にアクセスするのも申し訳ないので、1日に1回cronで取得してデータ溜めこむ予定。なんかに使えそうだしね。
何ていうか、とりあえず円高スゲー、早く外貨口座作ってそっちにお金移さないとダメだ。ま、そんなに日本円も持ってないけどなw

Filed under: cakePHP,PHP,Programming,Python — maesan 2:37 AM  Comments (1)

[Flex] 無理矢理多言語対応してみた

Flex(今はFlashって言ったほうがよい?)で多言語対応したかったのですが、王道でいくと言語毎にリソースファイルを用意してそれぞれでビルドするらしいです。
でもコレだと言語毎にswfファイルができてしまうので非常にめんどくさい!
なのでとりあえず無理矢理swfひとつでいけるように作ってみた。
バージョンはFlexの3でやってます。

作ったサンプル

If you can see this, then you might need a Flash Player upgrade or you need to install Flash Player if it's missing. Get Flash Player from Adobe.

ソースコード


// 現在の設定言語
private var current_language:String = "jpn";

// 英語 → 日本語 または 日本語 → 英語にする
private function change_language():void{
if (current_language == "jpn") {
current_language = "eng";
} else {
current_language = "jpn";
}
var strings:Object = msg_strings[current_language];
for (var key:String in strings) {
var obj:Object = this.getChildByName(key);
if (obj != null) {
if (obj is Label) {
obj.text = strings[key];
} else if (obj is RadioButton || obj is Button) {
obj.label = strings[key];
}
}
}
}
// 辞書的なモノ
private var msg_strings:Object = {
'eng':{
'label1':'Label',
'button1':'Button',
'radio1':'Radio1',
'radio2':'Radio2',
'button2':'To Japanese'
},
'jpn':{
'label1':'ラベル',
'button1':'ボタン',
'radio1':'ラジオ1',
'radio2':'ラジオ2',
'button2':'英語にする'
}
}

簡単な説明

change_language()で日本語の場合は英語に、英語の場合は日本語に切り替えます。
やり方は簡単で、msg_stringsのように言語毎、オブジェクトのid毎に表示する文字列を持たせておきます。辞書データとでも言いましょうか。コレはとりあえずコードに直で書いているけど、多分別ファイルとか動的にオブジェクト取ってくるとかでもイイんじゃないかと思います。

んで辞書データをループさせて対応するidのオブジェクトを取ってきてLabelオブジェクトだったらtextプロパティに、RadioButtonやButtonならlabelプロパティにいれてるだけです。

ちょっと複雑なアプリになると管理がめんどくさくなっちゃうと思いますが、簡単なアプリならこれで充分かなと思ったりしました。

Adobe Flash Builder Standard 4.0 日本語版 Windows/Macintosh版
アドビシステムズ (2010-04-09)
売り上げランキング: 338
Filed under: Flash,Flex,Programming — maesan 6:12 PM

[cakePHP] Paginator->sortのデフォルトのソート方向を変更

cakePHPのPaginatorってスゴく便利でよく使ってるのですが、Paginator->sortで作るlinkのデフォルトのソート順を変更したかったのでソース追っかけてみた。
ソート順のデフォルトがascなのですが、ネタ的にdescでソートされてほしかったのです。

cakePHP 1.3.2ね
で目的のメソッドは cake/libs/view/helpers/paginator.php にありましたので
単純にデフォルトのdirectionがascなのをdescにしただけでおしまい


function sort($title, $key = null, $options = array()) {
$options = array_merge(array('url' => array(), 'model' => null), $options);
$url = $options['url'];
unset($options['url']);

if (empty($key)) {
$key = $title;
$title = __(Inflector::humanize(preg_replace('/_id$/', '', $title)), true);
}
//$dir = isset($options['direction']) ? $options['direction'] : 'asc';
//↑を↓にしただけ
$dir = isset($options['direction']) ? $options['direction'] : 'desc';
unset($options['direction']);

$sortKey = $this->sortKey($options['model']);
$defaultModel = $this->defaultModel();
$isSorted = (
$sortKey === $key ||
$sortKey === $defaultModel . '.' . $key ||
$key === $defaultModel . '.' . $sortKey
);

if ($isSorted) {
$dir = $this->sortDir($options['model']) === 'asc' ? 'desc' : 'asc';
$class = $dir === 'asc' ? 'desc' : 'asc';
if (!empty($options['class'])) {
$options['class'] .= ' ' . $class;
} else {
$options['class'] = $class;
}
}
if (is_array($title) && array_key_exists($dir, $title)) {
$title = $title[$dir];
}

$url = array_merge(array('sort' => $key, 'direction' => $dir), $url, array('order' => null));
return $this->link($title, $url, $options);
}

CakePHP 1.3によるWebアプリケーション開発―オープンソース徹底活用
掌田 津耶乃
秀和システム
売り上げランキング: 11952
Filed under: cakePHP,Programming — maesan 11:42 PM

[cakePHP] XML-RPCしてみた

ちょっとサーバー間で処理をさせたいことがあったのでXML-RPCしてみることにしました。
単純にGETとかPOSTとかでやってもよかったのですが、前からXML-RPCに興味があったのでちょっと勉強がてらやってみました。

前準備

で、簡単に調べたのですがズバリそのもの「How to create an XML-RPC server with CakePHP」ってのがあって、あまりにも簡単に出来すぎて勉強になりませんでしたw

とりあえずこのページからxmlrpc.zipてのをダウンロードしてapp/vendor/xmlrpc.phpにコピー

Controller

ま、これも上のページにサンプルがあるのでまんまコピーでおk
XML-RPCサーバークラスのインスタンスを作るときにコンストラクタにコールバックを渡せばおkなので例えばフィボナッチ数を返す処理をつくろうと思ったらこんな感じで


<?php

// Import the app/vendor/xmlrpc.php library
App::import('Vendor', 'xmlrpc');

class XmlRpcController extends AppController {

// This demo doesn't need models
var $uses = array();

// The XML-RPC server object
var $server = null;

function index() {

// Disable debug information
// Required to generate valid XML output
Configure::write('debug', 0);

// Avoids render() call
$this->autoRender = false;

// XML-RPC callbacks settings
// Use this parameter to map XML-RPC methods to your protected or private controller methods
$callbacks = array();
$callbacks['Fibonacci'] = array(&$this, '_fibonacci');

// Handle XML-RPC request
$this->server = new IXR_Server($callbacks);
}

// Protected Method
function _fibonacci($n) {
if ($n <= 2) {
return 1;
} else {
return $this->_fibonacci($n - 1) + $this->_fibonacci($n - 2);
}
}
}

?>

Client

次はそれを呼び出すクライアントを作ります。
クライアントはcakePHP関係なしな感じです。
コレもサンプルコピペでおkですが、まぁこんな感じで

client.php


<?php
require_once(dirname(__FILE__) . '/xmlrpc.php');

$url = 'http://localhost/xml_rpc';

$client = new IXR_Client($url);

if (!$client->query('Fibonacci', 30)) {
die('Something went wrong - '.$client->getErrorCode().' : '.$client->getErrorMessage());
}
echo $client->getResponse();
echo "\n";

?>

実行してみる

>php client.php
832040

まとめ

てな感じであまりにも簡単すぎるので全くXML-RPCの勉強にはなりませんでしたw
このままだとあんまり意味が無いので今度は別の言語でクライアント実装してみるかなと。。。
そういや昔SOAPとか流行ったからちょっと仕事で使ったけどXML-RPCってそれと同じようなもんだっけ?

Programming Web Services With Xml-Rpc
Simon St. Laurent Joe Johnston Edd Dumbill
Oreilly & Associates Inc
売り上げランキング: 159906
Filed under: cakePHP,Programming — maesan 1:47 AM
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)