為替レートを取得するプログラム書いてみた

ちょっと自動で別通貨から日本円に変換する処理が必要になったのでなんとか自動で為替レートを取得できないかと試行錯誤してみた。

データソース

調べてみるとYahoo!ファイナンスやら証券会社のページをスクレイピングしてる人とか多いみたいですが、仕様が変わったりすると面倒だったり、何となく邪道な感じがしたので、為替レートをRSSで提供しているサイトを発見したのでそれをパースすることにしました。
使ったのはココ→http://xurrency.com/

方法

APIも用意されているみたいなのですが、アクセスキーを取得しないと1日10回までの制限があったり、商用利用じゃ無かったらお金はかからないっぽいのですが何となくAPIは使わずにRSSをパースすることにしました。
今回は日本円基準なのでhttp://xurrency.com/jpy/feedを使います。
最終的にはデータベースに格納することにしました。DBはこんな感じcakePHPとかで使えそうな構造にしました。

CREATE TABLE `currencies` (
`id` int(11) NOT NULL auto_increment,
`base` varchar(3) collate utf8_unicode_ci NOT NULL COMMENT '基準通貨',
`target` varchar(3) collate utf8_unicode_ci NOT NULL COMMENT '対象通貨',
`value` float NOT NULL COMMENT 'レート',
`inverse` float NOT NULL COMMENT 'レート逆数',
`created` datetime default NULL COMMENT '作成日時',
`modified` datetime default NULL COMMENT '更新日時',
PRIMARY KEY (`id`),
KEY `target` (`target`),
KEY `created` (`created`)
) ENGINE=InnoDB;

ソースコード

とりあえずサクっとPHPで作ってみた

<?php
// XML取得
$xml = file_get_contents('http://xurrency.com/jpy/feed');
// XML パーサー作ってパースする
$parser = xml_parser_create();
xml_parse_into_struct($parser, $xml, $values, $idx);
xml_parser_free($parser);

// とりあえずDB接続
$con = mysql_connect('localhost', 'root', 'root');
mysql_select_db('currency');
mysql_query('set names utf8');
// 挿入用のSQL
$sql_base = 'insert into currencies(base, target, value, inverse, created, modified)values("%s", "%s", %f, %f, "%s", now());';

$date = null;
foreach ($idx['DC:VALUE'] as $key => $val) {
if ($date == null) {
// RSSの構造によりdateが1個はじめにかぶるから1個ずらす
$date = date('Y-n-j H:i:s', strtotime($values[$idx['DC:DATE'][$key + 1]]['value']));
}
$data = array(
'value' => $values[$val]['value'],
'base' => $values[$idx['DC:BASECURRENCY'][$key]]['value'],
'target' => $values[$idx['DC:TARGETCURRENCY'][$key]]['value'],
'date' => $date,
);
$data['inverse'] = 1.0 / $data['value'];
$sql = sprintf($sql_base, $data['base'], $data['target'],
$data['value'], $data['inverse'],
$data['date']);
mysql_query($sql);
}
// おしまい
mysql_close($con);
?>

で見てもらうとわかると思うのですが、ちょっとXMLのパースの仕方が美しくない気がしません?何ていうか親子関係無視というかとりあえず上からパースしてタグ名でばらしてみましたみたいな?
なので最近お気に入りのPythonでも同じの書いてみた

#!/usr/bin/python
#coding -*- coding: utf-8 -*-

from xml.etree.ElementTree import ElementTree
from urllib import urlopen
import MySQLdb
import datetime

# ElementTreeを生成
xml = ElementTree(file=urlopen('http://xurrency.com/jpy/feed'))
# タグ名が"{ネームスペース}:タグ名"に展開されるのでネームスペースを書いとく
rss = 'http://purl.org/rss/1.0/'
dc = 'http://purl.org/dc/elements/1.1/'

# MySQL接続
con = MySQLdb.connect(db="currency", host="127.0.0.1", port=3306, user='root', passwd='root')
# 挿入用のSQL
base_sql = 'insert into currencies(base, target, value, inverse, created, modified)values("%(base)s", "%(target)s", %(value)f, %(inverse)f, "%(date)s", now());';

# itemタグ内に為替レートを持ってるので取得してループ回す
for items in xml.findall('.//{' + rss + '}item'):
currency = {}
for item in items.getiterator():
if item.tag == '{' + dc + '}value':
currency['value'] = float(item.text)
if item.tag == '{' + dc + '}baseCurrency':
currency['base'] = item.text
if item.tag == '{' + dc + '}targetCurrency':
currency['target'] = item.text
if item.tag == '{' + dc + '}date':
currency['date'] = datetime.datetime.strptime(item.text, "%a %b %d %H:%M:%S UTC %Y")
currency['inverse'] = 1.0 / currency['value']

sql = base_sql%{'base':currency['base'], 'target':currency['target'], 'value':currency['value'], 'inverse':currency['inverse'], 'date':currency['date']}
cur = con.cursor()
cur.execute(sql)

con.commit()

そこまでこだわるような物ではないのかもしれませんが、コッチの方が構造を解析している感じがして個人的には綺麗な気がします。

まとめ

頻繁にアクセスするのも申し訳ないので、1日に1回cronで取得してデータ溜めこむ予定。なんかに使えそうだしね。
何ていうか、とりあえず円高スゲー、早く外貨口座作ってそっちにお金移さないとダメだ。ま、そんなに日本円も持ってないけどなw

 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
Filed under: cakePHP,PHP,Programming,Python — maesan 2:37 AM  Comments (1)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1件のコメント »
  1. [...] DBはこのエントリーのやつとして import [...]

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>