シンガポールが追加されたAmazon EC2で遊んでみた[登録編]

前からAmazonのEC2が気になってたのですがUSって遠いし遅いんじゃね?とか思ってたので手を出してませんでした。
で、この春にAsia Pacificとしてシンガポールが追加されたので俄然興味が出てきた!
ちょうど最近シンガポールがらみの仕事のネタが増えてきましたのでちょうどイイタイミングかなと思いちょっと遊んでみた。
今回はEC2の登録まで〜
とりあえずAmazon Web Serviceのページに行って「Sign Up Now」する

フツウにメールアドレスいれて「I am a new user.」にチェックでSign inする。

多分コレAmazon.co.jpとかで買い物するアカウントとは無関係と思われる。
名前とメールアドレスとパスワードいれて「Create account」する

んで住所とか入れる
前さんはAddress Line 2も使って入力してたんだけど、何回やっても正しい住所じゃねぇとか怒られたので無理矢理Address Line 1に詰め込んで登録した。。。

とりあえずアカウントの登録はこれでおk

次にEC2の登録を行ないます。EC2のページに行きまして、「Sign Up For Amazon EC2」押してさっき作ったアカウントでSign inします。

するとEC2の課金額がずらずらと表示されます。

このページの一番下にクレジットカード情報を入力するフォームがあるので入力して「Continue」します。

もしAmazon Web Serviceのアカウントの名義と違うクレジットカードを使う場合はカード名義を登録する必要があります。
通常は同じだと思いますので「Use This Address」で

最近は電話で本人確認が必要なサービスが多いですが、AWSも本人確認のために電話認証があります!

アカウント登録時の電話番号がデフォルトで入っているのですが、国際電話なので電話番号のアタマの0をとっておいてください。
例:090-xxxx-xxxx → 90-xxxx-xxxx
んで「Call Me Now」するとすぐにアメリカの電話番号から電話がかかってきますw
当然英語ですが、生身の人間じゃ無いのでまぁそんなに緊張せずに。
PINを入力してください的な事を言われます。画面が以下の感じに変わってると思いますので、この4桁のPINを電話で入力します。

正しくPINを入力すると本人確認おkとなり、自動的に画面が更新されます。「Continue」をクリック

「Complete Sign Up」をクリック

最後にこの画面になってメールが届いて完了です。

お疲れさまでした〜
シンガポールが追加されたAmazon EC2で遊んでみた[起動編]

AmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析―
李 昌桓 インプレスジャパン 売り上げランキング: 35706
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
Filed under: AWS — maesan 3:50 PM